MENU

血液をサラサラにする食べ物

血液をサラサラに保つためには、普段の食生活が非常に重要です。
この記事では、血液をサラサラに保ちたい方に
ぜひお勧めしたい食材をご紹介します。

 

やっぱり魚はおすすめ

 

テレビなどで「血液をサラサラにしよう」といった番組があると
必ずと言っていいほど登場するのが青魚です。
青魚には「DHA」「EPA」という成分が含まれており、
どちらも血液をサラサラにする効果の高い成分です。

 

DHAにはコレステロールや中性脂肪を減らす働きがあり、
血液をサラサラにしてくれます。
また、DHAを摂る事で血管の壁がしなやかになり、
より血液が流れやすい環境を作る事ができます。

 

血液がドロドロになると、血液中の血小板が固まって
血栓ができることがあります。
EPAには、血小板が固まるのを抑制する働きがあるため、
血栓による心筋梗塞や脳梗塞を予防する事ができます。

 

お酢の中でも黒酢が一番

 

お酢にはクエン酸が含まれており、血液中の不要な老廃物を
排出するのを促す作用があります。
また、血液中の赤血球をしなやかにする働きもあり、
これにより血液が流れやすくなります。

 

お酢の中でも最も効果が高いのが黒酢です。
米酢が精米を原料としているのに対し、黒酢は玄米から作られます。
また、熟成期間も米酢の数倍、1年以上もかけて作られるのです。

 

そのため栄養価が高く、健康効果が高いのはもちろん、
味や香りもまろやかで普段の料理にも非常に使いやすいのです。
お酢が苦手という方でも、黒酢なら続けられるかもしれませんね。

もしこの記事があなたの役にたった!と感じたら
下記SNSのボタンをクリックしていただけますでしょうか?
ブログをよりよいものにしていくための参考にさせて頂きます。