MENU

血液をサラサラにする薬の種類と副作用

血液をサラサラにするためには、正しい食生活など
生活習慣を改善することが大切です。

 

しかし、血液がドロドロのままでは心筋梗塞や脳梗塞といった
命に関わる病気にかかる可能性が高くなります。
早急に対策が必要な場合には、血液をサラサラにするための
薬を使用しなければならない事もあります。

 

この記事では、血液をサラサラにする薬と、その副作用について
解説したいと思います。

 

血小板の働きを抑制する「抗血小板薬」

 

血小板は血液中に存在し、出血したときに固まってかさぶたを作る
働きをしています。
この血小板の働きが活発になりすぎると、血管内で血液がかたまり
血液の粘度が高くなってしまうことがあります。

 

この状態を解消するために使われるのが、血小板の働きを抑制する
「抗血小板薬」です。
抗血小板薬の代表格としては、アスピリンなどが挙げられます。

 

アスピリンは比較的副作用が出にくい薬ですが、
体質によっては、喘息を起こす事があるので注意が必要です。
また、胃潰瘍の疑いのある方も病状が悪化する可能性があるので、
医師の指示に従って慎重に服用するようにしましょう。

 

凝固因子の働きを抑制する「抗凝固薬」

 

血液がドロドロになるもう一つの原因として、
「ビタミンK依存性凝固因子」という血液を固める成分が
増えすぎることが挙げられます。

 

体内で「ビタミンK依存性凝固因子」を作るためにはビタミンKが必要なため、
ビタミンKの働きを抑える「抗凝固薬」を服用する事で
血液をさらさらにする効果が得られます。

 

抗凝固薬は血液が固まるのを抑制するため、出血しやすかったり、
出血が止まりにくいといった副作用が出る事があります。

 

ただし、副作用が出たからといって自己判断で薬の服用をやめると
血液の粘度が急に高まり、血栓ができる可能性があります。
副作用が出た場合はすぐに医師に相談するようにしましょう。

 

血液をサラサラにする薬の種類と副作用
もしこの記事があなたの役にたった!と感じたら
下記SNSのボタンをクリックしていただけますでしょうか?
ブログをよりよいものにしていくための参考にさせて頂きます。