MENU

血液をサラサラにするには?

血液をサラサラにするには

テレビや雑誌で「血液サラサラ」「血液ドロドロ」という言葉を目にする事は多いですよね。

 

ある調査では日本人の半分以上が血液ドロドロというデータもあり、あなたも他人事ではないかもしれません。

 

この記事では、すぐにできる血液をサラサラにする方法についてご紹介したいと思います。


ぬるめのお風呂で血液サラサラ

ぬるめのお風呂は、ダイエットやリラックスなどの効果があると言われていますが、血液サラサラにも効果的です。

 

お風呂につかると体が温まり、血管が広がるため血行が良くなります。血行が良くなる事で血液中の老廃物も流れていくので、血液をサラサラにする効果があるのです。

 

ここで気をつけていただきたいのは、お湯の温度です。温度が高すぎると逆に血管が収縮してしまい、血液が流れにくくなってしまう可能性があるのです。40℃前後のぬるめのお湯に、ゆっくり浸かるようにしましょう。

 

新鮮な食べ物で酸化防止

血液がドロドロになる原因の一つが、体の酸化と言われています。体組織の酸化は老化の一つで、普段どおり生活していても酸化は進んでしまいます。

 

中でも食物の影響は大きく、普段食べる物によって体の酸化スピードは大きく変わってきます。皮を剥いたりんごが変色するように、食品も時間が経つと酸化します。

 

酸化した食品を食べる事で、体組織の酸化も進んでしまうのです。

 

特に気をつけたいのが、カップラーメンなどの加工食品。麺を揚げる際に使う油や、たくさんの食品添加物は、体組織の酸化を早めると言われています。

 

食べ物による酸化、さらには「血液ドロドロ」を防ぐためには、新鮮な食材を使い、なるべく手作りの食品を摂ることが大切です。

もしこの記事があなたの役にたった!と感じたら
下記SNSのボタンをクリックしていただけますでしょうか?
ブログをよりよいものにしていくための参考にさせて頂きます。